遅くなりましたが、松尾のよっぴ~の試合は2RTKO勝利で、見事YANAGIHARAジム本年度最終戦を勝利で飾ってくれました

いや~!それまでの無茶してきたせいか、終わった瞬間ここ何日本当ブログも更新する元気もないぐらいぐったりしてました

そんな今年を振り返ると、色々ありましたが・・・

今日はそんな中の一つをご紹介

あれは今から一年とちょっと前、チョーパン戦を控えた時に、一通の封書が私の自宅へと送られてきました

no title

宛名はなんと最高裁判所

思い当たること一杯なだけに、私も何事かと思い封を開けると(屮゚Д゚)屮 カモーンそこにはなんと私田原淳二が翌年度、つまり2011年度の裁判員に任命されたの事でした

裁判員・・・それは、テレビの中の話ではなくて、実際に起こっている紛れもない事実なのです

罪を犯したのも人ならば、それを捌くのも人である

また、プロボクサーは金儲けの為の道具や、あなたの道楽の為の道具ではなく、人なんです

人であるからこそ情が入る。でも我々セコンドに入るスタッフは、だからこそ冷静な目が必要となる

人の人生を決める裁判員、選手の将来を預かる我々会長、マネージャー、トレーナーは、相通じるものがある。

相手の立場に立つ事、相手の気持ちを解ろうとしても、俺は本人じゃないし100%解りきるはずもない

それならば、相手の話を聞くのが何より先決ではなかろうか??

僕も過去に過ちを犯した身ですがっつり現役プロボクサーを経験してきた身です!!

だからこそ解ることもあるし、出来るアドバイスもある

プロボクサーと言う舞台から降りた今、私は誰よりも選手達を応援する理解者であると自負します

ただ僕は、必要とあらば死刑の判決もだすけどね

自分の道を判断出来ん奴が、人の人生背負えんでしょ。。

僕の道は前出した通り楽な道じゃないけど、それでこそ田原淳二っぽいっす

はてさてこの先どうなることか??

自分の道の判決は自分で出し、良いも悪いも自分が決めた道を突き進むのが僕の人生

だからこそ、楽しいっす(☆゚∀゚)

皆さんの人生の裁判員は、皆さんです。

行くも勇気、引くも勇気!!

そして決断して行動を起こすのは、自分自身

後で振り返った時に、自分の人生後悔のないように

今日はこのへんでバイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ