今回は、YANAGIHARA勢2番バッターの僕の事でも

ここ2戦日本ランカー相手に2連続TKO負け

昨年末愛知で、松浦戦で感じた日本ランカーと自分との差は・・・

ズバリ!スタミナ!!

それは、身体的スタミナは勿論だが、一番は心のスタミナ

この試合前は、今迄で一番練習した

ランキングを奪取するつもりだったし、自分のボクシング人生を自分の拳で輝かせるつもりだった

柳原さんと作戦を立て、柳原さんにミットを持ってもらい、練習通りの柳原流のボクシングを、愛知で日本5位相手に魅せつけた

※1R目の話です。

たった8R中の1R終わった時点で、(俺のボクシングは通用するんや、日本ランカーはこんなものかなど、満足してしまった。)

何の事はない、松浦選手は慌てる事なく自分のボクシングを展開し、2R終了間際捕まったのをきっかけに、3R目一気に距離を詰められ勝負はついた

松浦選手に言わせるなら、いつも通り、自分のボクシングを冷静にやったまででしょう。

その時学んだ筈なのに、前回の試合は試合をする前からすでに負けていた減量中のアンチの横槍や体重が落ち無い事で、イライラし一人相撲の悪い流れの結果、何も出来ずに完敗

本当進歩がないっす

今迄17戦やっているけど、試合中セコンドの指示に対して「はい!」と、返事するものの、その通りやった試合など記憶に無い

良いパンチ1発もらえば、ムキあがって(`ε´)ムカー冷静じゃいられなくてヽ(#`Д´)ノ勝手に深みにハマる

「それを治さないと上には上がれんぞ!!」と、4回戦の時から言われ続けて・・・17戦もしてやっぱりこの位置でウロウロしてますね

今回の試合も、自分が望みもう一度踏み出した筈なのに、歴戦の代償で思うようなパフォーマンスが出来ずに、【どうせ】なんて弱気になっていた時もあった

そんな時にジムに寄ってくれたのがこの人です↓

島田さんと

何人もの日本ランカー、日本チャンピオンを育て、世界チャンピオンをも作った名トレーナーの島田さんです

※隣に写るのは当ジム3番目の高橋事、ゆうちゃんです

僕との2ショットは、このゆうちゃんが撮影するものの、ピントが合ってなく使えないので、これでご勘弁を。

島田さんは、やなぎっちの指導者としての師匠で、その縁から今でも男同士の付き合いをしている仲で、こっちへ来たついでに寄ってくれました。

その島田さんが僕の動きを見るなり、ワンポイントアドバイスを

僕らに言わせるなら、師匠の師匠だから神的存在

そんな人が僕らなんかに.。゚+.(・∀・)゚+.゚

抑えている事は、普段やなぎっちに言われている箇所でした

そのアドバイスで短期間の間に、劇的に何かが変わった訳ではないが、【どうせ】の気持ちから【やるしかない!!】に変化した

自分で天井を決めたら、それ以上伸びシロはないだろうし、まだまだ俺にも可能性があると、光も見えた気がした

それからと言うもの、忙しい中この人を捕まえては面倒みてもらっている↓

大庭先生と

地獄のトレーナーだとか、負け試合請負人だとか冗談で言うけど、この人がいなかったらここ何戦まず試合なんか出来ていなかっただろうし、現役であったかも怪しいので、言葉では現せないくらい感謝している

僕についたら、また伝説が続きそうなので遠慮していたが、ここまできたら運命共同体ですとことんまで面倒みてもらいます(屮゚Д゚)屮 カモーン

(殻を破るのは自分次第!!)

この言葉は、いつぞややなぎっちに言われたけど・・・

神のアドバイスや神の手の施術を受けても、結局リングに上がりコーナーを跳び出したら、戦っているのは自分と相手で、その殻をやぶれるかどうかは他の誰でもなく自分次第なんだと改めて身にしみた。

調子がどうだ、運が悪いだとか、所詮は後付けですね。

結局強い奴が勝つのがボクシングの世界殻を破る事が出来れば、自然と試合終了後に僕の手が上がっているでしょうし、そうでなければ逆の結果になっているでしょう。

どっちに転んだとしても、これが今の田原淳二であり、ビックフェイス田原なのだと思います。

勿論僕が生き残るつもりですが、自分のボクシング人生に後悔のないよう、思いっきりぶつけるだけですゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

YANAGIHARA勢3連勝目指して、皆さんの応援宜しくお願いします。

バイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ