ビックフェイス田原のビックマウス

YANAGIHARAボクシング&フィットネスジムマネージャー 田原淳二のブログです。

2011年09月

177R〜 防衛!

今日が指名期限なので、昼から柳原宅にお邪魔して、将棋王のタイトルに挑戦してきました

最近はあちこちで友達らと飲みながら

睡眠時間もそこそこに動き回っているので、頭が全く回らず行ってまえで、完敗しました



しっかり昼飯代を集金されて、屈辱的な・・・☟



毎週親方に昼飯をご馳走する、可愛い長男

柳原越えする迄、ビックフェイスの挑戦は続く

バイなら

176R~ 復活の兆し!

今年の初めにソフトバンクホークスの馬原投手、摂津投手、神内投手と、(今ベイスターズなんかな?)寺原投手の自主トレに、同じプロスポーツ選手として、トレーニングに参加した時の事↓

休憩中

馬原投手が投球練習をする際に、バッターボックスに入ってと依頼された

ボールにアルファベットの文字を書いているので、何が書いてあるか当ててみてと、当時現役のプロボクサーに挑発をしてくる、プロ野球選手(屮゚Д゚)屮 カモーン

年収とガタイでは大きく劣るけど遠くから人が投げる球を見極めきらんで、近距離で放たれる人間のパンチをかわせる筈はないと行われたのが、ホークスの守護神馬原投手vsYANAGIHARAジムの特攻隊長ビックフェイス田原でピッチャーの投球スピード対ボクサーの動体視力、どちらが凄いか対決

1球目・・・

投げたと思ったら、ズバン!!と、気付けばキャッチャーのミットの中へ

舐めてました

そりゃあ億円プレーヤーなるわと、第1Rはビックフェイスの完敗でしたが

しかし、大体のスピードは解った

来ると解るパンチにカウンターを合わせれなくて、何がプロボクサーだ!

と、カウンターを取る要領で、ボクシングのスタンスで半身で構え、馬原投手が放った第2球目を迎えうった

見えた

そこに書いてある文字は・・・『M』

お~!!!!と言う歓声

僕の小さな自慢は守護神の球を見極めた男、ビックフェイス田原

しかし、本当に馬原投手らの、プロ意識の高さ、野球に取り組む姿勢は勉強になると言う程、尊敬に値するものだったので、今シーズンはやってくれるだろうと信じてましたが・・・

つい何日か前迄、怪我で戦線離脱していたと言うから、流石は地獄のトレーナーの大庭氏の呪いは続くな~と、思っていましたが

ここ何戦か復帰してからは、危ないシーンがあったが、0で切り抜けるあたりはさすがトッププロだと思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚

クライマックスシリーズに進出するのは間違いないでしょうが、果たして地獄のトレーナー大庭氏の、負け試合請負人説は続くか否か注目です

クライマックスシリーズセカンドステージ、最短優勝を見据えて、11月6日は僕もスケジュールを空けて、ヤフードームにて観戦予定にしてます

僕の手では、大庭先生の伝説を止めることは出来なかったけど、馬原さん頼んます

僕のゴンザレスの暴走を封じたように、伝説も封じて下さいな↓

馬原サイン

ビックフェイスは、ソフトバンクホークスを応援しています↓

big

女子高生デーのピンクユニフォーム、BICFACEバージョンで

女子高生用で、余りにもサイズが小さくてボタンが締められないのは、黙っておこう

バイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ

175R~ タイトルマッチ!

始めに、最近のブログの内容で、不快に思った全ての方に対して、すみませんでした。

まだ僕が現役の時、只今休会中の舛井さんやタイキに、「いつ戻ってきても迎え入れれるような最高の環境を作って待って置く。」と。

そして今マネージャーと言うなれない立場に、あの時は解らなかったけど、スタッフの気持ちも理解出来るし、現役選手の気持ちも尊重してやりたいと言う想いは僕だけにしか解らないこと。

どうしたら良いものかと一人で悩んで、パニくって、一人で何かをしようとした結果での行動です。

タイキや舛井さん、又は高橋君が旅立つ時、ケントやゆうすけが旅立つ時にした『約束』を必ず本当にしようと、『約束』を重んじる筈の僕が、よっぴーとの約束をやぶってしまった事に対して、本当にすみませんでした。

そして、突っ込んでしまう僕を体当たりで止めてくれるのが、よっぴーであり、やなぎっちでした。

切り替え早いっす

自分が悪い事したら勿論それを認め、次はしないようにと自分に約束をしたら・・・GOですね。

昔から僕、大体要領が良くて意外と何でも器用にこなします(屮゚Д゚)屮 カモーン

ただ、ある程度トップクラスにはいくけど、何をしてもチャンピオンになった事はなかった

だからこそ、ボクシングでチャンピオンと言う肩書きを目指したのかな

でも、そう言えば一つだけ、少年時代に院内チャンピオンになった事があったけな??

えっと、これの話ね↓

no title

履歴書の特技・趣味の欄に将棋と書くほど、なんか何手先を読むみたいな感じで好きっすね

と言う話を、1年前ぐらいだったかな?話の流れでやなぎっちと飯を食いに行ってた席でなり、飯もそこそこに切り上げて、柳原宅にて開催されたのが、
          
       メインイベント

同級1位~柳原 廣一vs同級2位~ビックフェイス田原

     YANAGIHARAジム将棋王座決定戦

主催  YANAGIHARAジムー
プレステのゲームプロモーション


で、細々と王座決定戦を行った結果・・・

自称将棋チャンピオンを滅多打ちにし、3戦3勝3koにて、初代YANAGIHARAジム将棋王のタイトルは、見事私ビックフェイスが手にしていました

あれから1年、西部日本フライ級チャンピオンの座はなくなったけど、将棋王は変わらず保持していた時に、突如挑戦者が現れた

あの時は、酒が入っていたのとちゃんとした将棋版で打たないとダメだと挑戦状を叩きつけてきたのが、王座決定戦に敗れランキングから落ちていた筈の柳原氏その人です

挑戦者が現れたとき、受けて立つのが本物のチャンピオンでしょう

と言う訳で開催されたのが、

        ビックフェイス田原の初防衛戦

メインイベント

王者ビックフェイス田原vs同級12位柳原廣一

YANAGIHARAジム将棋王タイトルマッチ

主催YANAGIHARAジム
将棋版プロモーション

で熱い戦いを繰り広げた結果・・・

僅か54手により、将棋王のタイトルは無事私の下へと戻ってきました

いや~。YANAGIHARAジムNO1ブレーンは、やなぎっちの影に潜む僕でしたな

と、煽って積んだ所をアイフォンに収めたのですが、何日か前にデータが全部ふっとんだ為、ここで掲載する事は出来ずに終了。

の筈が・・・

「ほ~う」

などと言い、

「もう一回やろう」

と、自分が1本勝負と言った発言を権力にてひっくり返す、柳原氏によるリターンマッチの申し込み

あなたはO田家ですか!!と言う思いをぐっとこらえるのが、本物のチャンピオン

そして、

王者ビックフェイス田原vs同級15位柳原 廣一

による2本目は、何も考えずにイケイケで打っていた。

将棋もボクシングも比例していて、お互い全く防御無視で、王が攻めあがるノーガード打ち合った結果・・・

将棋王のタイトルは、柳原廣一氏の下へ

やっぱり納得出来ないので、

王者柳原廣一vs同級4位ビックフェイス田原によるラバーマッチ

今度は僕も、意地とプライドを掛けて本気でぶつかった結果・・・

チャンピオンが初防衛に成功し、ビックフェイスは返り打ちにあいました

本当はあの時、5,4銀で終いだったんですけど先の先まで読みすぎて頭の中でシュミレーションした結果、打ち方間違って1手違いでやられました

本当、性格が出てますね(゚∀゚)アヒャヒャ

やっと追いついたと思ったら、もう次のステージへ

この前大庭先生と打ち合わせした時、勿論大庭先生と僕のスケールは、シボレークルーズとシボレーの差ぐらいありますが想いは一緒だと、共感したばかりでした。

まだまだですな

さ~て、早く追いつき追い越せるようにと、タイトルの使命期限を一週間とし、毎週将棋王タイトルマッチを行うことにした

やるぞ、やるぞ、やるぞ~

ただ、タイトルと同時に掛けていた昼飯代も、きっちり回収するあたりが流石です

ちOぽと顔は大きいが、器はこまいやなぎっちの下で、背とちOぽはこまいが、顔と器は大きい僕はどういう風に育つのかな??

来週は19日に、メイウェザー観てからのタイトルマッチとの流れが出来てますので、また報告します

僕がタイトルを握った週は、『元将棋王の柳原さん!!』と、ジム内で呼んでやろうかな

大きな目標を掲げ、その為に小さな事を一つ一つクリアして行く事が大事ですぞ

バイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ

174R~ 目標設定!

最近ブログの内容が面白いっしょ

現役時代書けなかった事でも、今だから解る事、今だから書ける事なんかも、ちょっとずつ小出しで書いていきますね

まずはこちらを見ていただきたい↓

選手紹介

先のRで、チャンピオンを作ると言ったが、本当にチャンピオンになりたいと思っている奴でもチャンピオンになれる奴ってのは限られてます。

でも、人それぞれ目標設定があって、清野選手みたいに全日本新人王の奴もいれば、宮本選手のようにプロテスト合格が目標の子達もいる。

そして、当ジムジム頭の松尾選手の目標は、世界チャンピオンとなっている

日本ランキングにも入ってない奴が、夢物語をほざいてからと、批判する奴もいるでしょうし、実力も伴っってないのにと思う奴も結構です

ただ、そんなビジョンを持ってない奴は、絶対掴めないと思う

でも絶対松尾をチャンピオンに出来るかと問われれば、まだタイトルマッチも経験したことないし、確約は出来ない

ただ、松尾の決意が口だけじゃないと言うのを僕が、やなぎっちが一番近くで見ていたからこそ、よぴの為に自分の出来る事をしたいと想う

まだよぴ男が6回戦の時、不当な判定により負けや引き分けにされた試合が4戦ぐらい続けてあったかな

以前いたジムからやなぎっちが抜けた時にジムを飛び出し、公園の暗がりの中やなぎっちとのミット打ちをしていた事も良い思い出です

普通の奴なら辞めている時でも、よぴ男は前だけ向いて普段の練習からも、一切手を抜かずに打ち込んでいた

その姿に、年下でありながら僕には持っていない物を持っているよっぴーを尊敬したし、「この動きどうしたらいんかね?」

などと教えをこう場面も多々あったし、(歳が上ってだけでそんなに偉いんっすかね?)僕がジムも無い、練習場所もない柳原廣一という人間しかいない環境を選んだのも、横に松尾が居たから助けられたって言っても過言ではない

ただ、お世辞にもよぴ男には、ケントに感じた様な華があるとは思えないし、元々ボクシングの才能があるとは想わない
よぴにあるのは、努力する才能っすね(屮゚Д゚)屮 カモーン

これが一番難しかったりするんですけど、よぴ男が諦めない限り何度でもチャンスを作るのが僕らの使命だと想っている。

ただ、よぴ男はまだまだ子供で天狗になりやすいので、たまに鼻っ柱を折ってやる!!

何時だったかこのブログで、よぴに対して厳しい事を書いた時があった。

器のちっちゃい奴には、大体僕の内容に批判が集まった。

そうなる事も解っていたし、ブログでそんな事かいてからとの注意もあって、衝突もあった

頭の固い、昭和の時代の人は、現役選手がブログをする事を反対などと言いますが・・・

今や、どの家庭でもパソコンや携帯を通して、インターネットを介してホームページやブログを開ける様になっているのに、このマーケットを使わない手はない!!

それに気付かん奴は一生ほそぼそとしてなさいと思うし、よぴの批判を一日何百人、何千人と見る僕のブログに書いたことにより、そんな奴になるかとよぴが人から見られる意識を持ち、大きい人間に成長するように仕向けたのですが

ただ、そん時にはもうすでに嫁さんがおって、その事で嫁さんに不快な思いをさせてしまう事までは計算に入れてなく、そこは素直に謝りましたがm(__)m

考えなしにしているように見せて、色々考えてるんですぜ、俺も( ̄ー ̄)ニヤリッ

実際よぴ男は、良い嫁さん捕まえて、長男誕生を経て、人間的に成長した

とは言え、まだまだ表面しか見えてなく、冷静に状況を読むことが出来ないお子ちゃまで、僕に比べれば耳糞ですけどね

そこでよっぴ~が満足したらそこで成長が止まるばい!!

って事。

これは松尾選手だけに言える事ではない!!!

例えば仕事にしてもそう。

ただ当たり前のように、自分が正しいと過信し、マニュアル通りの施術しかしてない施術者は、それ以上は伸びない!!

最初から報酬を求める奴、金に寄ってくる奴は信用出来ない!!!

僕なら水嶋社長はなんで金を掴めたのだろうと探っている

と書いたら、田原は金に走っただとか調子に乗っているなんて思われるのも結構

ただ、自分がやりたい事やる為には、ある程度の金が要ると社長から、大庭先生から学んだからかな

そんなスタッフの想いはこちらで確認を↓

スタッフ紹介

僕がシボレークルーズと言う車を買って乗っているのを見た時、ぼそっと大庭先生が「シボレーいいな~。買おうかな~!!」
って言ってたんですが、現在本当に僕よりでっかいシボレーに乗っているから、カッコイイぜ

ただ、僕は大庭先生を目指している訳ではない。

目標設定を大庭智成にしたら、柳原廣一にしたら、その人以上にはいけないから

ただ、この人達の下でなぜこの人は?どうやったら??と、この場で勉強させてもらっています。

俺マネージャーやけ、俺会長やけ偉い。

俺の時はこうやったと、自分のノウハウを教えてやる!と言う様な指導者の下からは、一生チャンピオンはでないでしょうね。

例えば、僕は現役で18戦こなし、曲りなりにも8回戦=A級ボクサーになる事が出来た。
でも、指導の仕方を学んだ訳ではない。実際人を育てた実績もない。。
今のノウハウと指導でも、プロ選手を作ることは可能でしょうが、4回戦ぐらいなら勝たせることが出来ると言うのは、栄太郎の試合でやなぎっちをセコンドから外す事で証明できたが、自分のキャパを越えたとき、自分より天才が現れたとき、指導の仕方に手が行き詰るでしょう

そんな事も解っているから、柳原さんから指導の仕方や人の育て方なんかも盗んでいる訳ですよ

よくありがちだけど、ボクシングでもそうだし、時代も常に進化しているので、それを追及しない奴は絶対何をしても成功しないだろう。

偉そうな事言ってるけど、僕はYANAGIHARAジムの田原だからこそ好き勝手やらせてもらっていると思っているし、この環境を与えてくれた柳原さんの下だから、もっともっと頑張ろうと思える

いかつい顔と愛想がない表現の下手くそなやなぎっちの事を悪く言う意見も人それぞれ感じ方があるし、どれが正解とかないんで、強制するつもりもないし、人がどう感じようと結構。

実際、その部分では僕の方が上回っているからこそ、僕が伝えていかなければいけないと思っている。

僕が文才ある自分の武器も理解しているからこそ、多くの方に知ってもらおうとブログに書く。

後、やなぎっちになくて自分にある物は、プロとして18戦リングの上で戦った経験かな

ただ、それを誇っている訳ではない。

やなぎっちがしているのは指導ですが、僕がやっているのはまだまだアドバイス

この関係だからこそバランスがとれるし、結果もついてくるって事

ダイブ長くなったけど、まだまだ伝えなければならない事があるので続けよう・・・

僕がボクシングを続けていた理由は、自分が何処までいけるかの挑戦の為!!

一発パンチをもらったらムキあがり全くその癖は治らずデビューして5戦して、自分にボクシングの才能がないのは解った。

でも、腰痛で殆ど練習が出来てない状態で戦っていたと言う言い訳もあり、まだ成長出来るからと思って諦めなかった。

そんで腰痛が治ってからは、3連勝でB級の資格を得たのが、デビューしてから1年と10ヶ月なんで、ま~今の時代じゃ早い方じゃないっすかね

※注)その間の戦績、8戦4勝(3ko)3敗1分。

驚くべきは、その間にこなした試合数でしょう。

ではなんで、そんなに試合が出来たのでしょうか??

当時、勝ちも負けも早いRでのko決着だったので、ダメージが無かったのを考慮して、僕が自分の姿で早く上に上がりたいとやなぎっちに訴えたから
僕が試合をすれば、チケットが売れると、ジム側にも旨みを持たせていたから

その分影で、嫌な想いしながらチケットを売っていたもんね

その経過で人間的にも成長できたけど、現役ボクサーとしてはキツイっす

だからこそ今、夢は世界チャンピオンでも夢は新人王でもいい。

本当に頑張っている選手達の力になりたいと思うって事。

見栄や嘘は後から絶対ばれるし、男をおとすだけなので、やなぎっちははじめに僕たちを指導する時に、俺はプロ経験はないと告げた。

僕も18戦しているが、6勝10敗2分けの負け越しボクサーっす

でも、そうならないようにとアドバイスする僕の失敗談だからこそ、説得力があるっしょ

だけど、人生に無駄な事はないって言った筈

現役中愛知で対戦した松田ジムマネージャーが、その試合後から僕の事を気に入ってくれて、現役間もやなぎっちを通じて、僕にエールをくれていましたし、マネジャーになった挨拶をした時も、マネージャーとして大切な事なんかもアドバイスしてもらいました

じゃあなんで、可愛がってくれるかと言うと、自分が文字通り身体張ったからでしょう!!

本当長くなったけど、自分が身体をはらないと人は寄ってこないし、失敗や成功を経験し、成長していくものであって、解ったフリすんなってこと。

とりあえず、チョーパンのタイトルが決まったら名古屋迄応援に行くんやけどな~

チャンピオンを作る為にはランカーにいれないといけないので、実際何人もランキングに入っている説得力のあるマネージャー道もこっそり教えてもらおっと

つまり、自分に満足した時点で成長はないって事

ほんの一部を書いただけでこの長さで、終わりが見えないので今日はこのへんで・・・

バイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ



スタッフ紹介

173R~ 兵法!

世の中に偶然なんてものは無いと思う。

一見偶然が重なり運が良いと言われる事も、コツコツと自分が積み重ねた必然だと、僕は考えている。

今迄栄太郎の試合が控えていたので、ボクシングに、ジムの事に掛かりっきりになっていましたが、いくらボクシング優先の契約とは言え、僕が給料をもらっているのは水嶋社長だし、YANAGIHARAジム所属でありながら、メディカルネットサービス(株)所属なので、たまには仕事もしないとね

ボクシングや仕事の事だけに関わらず、兵法は一つではないと言う事を念頭に置いといていただきたい

僕の仕事は、整骨院の受付嬢をしている事だけですか??

表面しか見えてない奴には、そうかもしれませんね(゚∀゚)アヒャヒャ

今になると、水嶋社長が僕を大庭先生の下に付けた意味が解りました

例えばこのメディカル内、僕が凄いと一目置いているのは、水嶋社長と大庭先生だけですね。

勿論、高校も出てない僕が柔道整復師の国家資格を取ろうと思ったら、九州医療に3年間通いながら通信制の高校にも通い、高卒の資格も取らないといけないので、資格をもっとるだけで凄いとは思いますが、人間的に尊敬出来る人がいないのが正直な所です

資格を取る事がゴールではなくて、資格を活かしてこそだと思います。

私が在籍するメディカルネットサービス(株)スポーツトレーナー事業部とは、当社が以来を受けて人材を派遣し、野球やサッカーといった多種のコンディショニングトレーナーを務める集団です。

僕は、現役時代大庭先生が中々多忙で捕まらない時は、配属先の自称広末こと、スポーツトレーナーで活動している先生に、肩を治療してもらい身体をほぐしてもらっていた

大庭先生に比べれば鼻くそだけど、大庭先生について現場に出て、失敗等も繰り返しているだけあって、どこぞの何年も整骨院で施術をやっているとか言う施術者より、腕は確かだった。

大庭先生の下、志を持つ若い施術者が何人も居るのに、売り込み方が解らず、縦と横の連携がとれていなく、結局こんな良い環境があるのに全く活かせてないと言うより、気付いてない人が多い

ソフトバンクホークスの馬原投手のコンディショニングトレーナーである大庭先生が、今年の頭の馬原投手らの自主トレに一緒にこないかと誘ってくれた。

あの時はまだまだ解っていなかったけど、それも兵法の一つですね

僕自身、競技は違えどトッププロとの練習を共にし、体の使い方を学ばせてもらったし、プロスポーツ選手とはなんたるかも、学ばせてもらったので、来年は松尾みたいな選手を連れて行き、交流の場を設けようと考えている。

ビジョンに向かって視野を大きくすれば、兵法は何パターンも出来てきますぜって話

いつかの大庭トレーナーのブログに書いてあった、良く人からいつも楽しそうですね。

って言われる。..って言葉が、妙に共感できる。

だって、俺たち自分がなりたいものに向かってやっている事なんで、時には寝れなくても、時にはバカ真似してみたり、下げたくない頭を下げたって、楽しいっすもん

ここから先のプランは言わんけど、参考までに僕が現役時代とっていた兵法を一つ。

当時の僕の目標は日本チャンピオンに自分がなる事。

そのビジョンを見据え、その目標を掴む為に自分は何をし、何が出来るのだろうと考えた。

例えばリングネームをビックフェイス田原に変えたのも、そう

多分、田原淳二のままだったら、2回も日本ランカーと対戦出来てなかったでしょうね。
そして、当時の勤め先がフェイスと言う名のパチンコ店だった事も計算に入れていた。

自分が試合をする為には、自主興行を打ってもらうのが手っ取り早い

興行を打ってもらうためには、僅かでも黒字を出さなければ話にならない。黒字を出す為にはチケットを売らなければ興行収入が出ない。

それではチケットを売るためにはどうしたらよいのでしょうか??

例えば、「俺の一生のお願いだからと頭を下げれば、チケット100枚買ってくれる知人は多分5人はいるでしょうね

ただ、それで関係は終わってしまうでしょう。

なので、考えたのがフェイスのビックフェイスと言って自分を売り込む

実際お客さん達からの知名度と人気も絶大だったし、試合前は店内のあちこちにポスターを貼って告知し、景品として試合のチケットを置くのはどうかと当時の店長にも掛け合った。
ボクシング優先で、あまりバイトに出ないアルバイトの癖に

店長もノリノリだったんですが、その案には法律的な問題が絡んでダメでしたが、前回の興行の時にはフェイスを辞めたのに、店内のあちこちに自分でポスターを貼りにいって、がっつり宣伝してもらいました。※勿論許可いただいてますよ。

勤めていた高須店だけじゃなく、近隣の遠賀店や宗像店まで足を運んで

なんでそんなにしてくれると思いますか?

僕の事が好きだから??

僕がいい人だから???

それは本当の友達だけで、大人の世界なんで、どちらにも旨みのある話を持っていくからですぞ

その具体的な交渉術や、内容は企業秘密ですが、まずは自分のビジョン=なりたい物を見据え、次に自分の置かれている立場や環境をしっかり見極め、自分の出来る事を上げる。

それを一つづつやっていきよったら、きっと解ってくると思いますぜ

告って実った数の何倍も、フラレているんですけどね

ただ、僕は現役時代柳原さんにチケットを売れと強要された事もないし、現役選手にはそんな事を考えさせずに、ボクシングの事だけに打ち込んで欲しいので、そんな環境を整えているのです

一枚一枚電話して、ガソリン代使って手売りする時間もないので、もう既に私がYANAGIHARAジムのマネージャーになって、新規で3社との試合のパンフレットに載せる、広告スポンサーとの話が出来ています。

それは、次回が僕の引退記念興行だからとかじゃなくて、今後も続くように旨みを持たせての話です。

世間的に28歳と7ヶ月でボクシングジムのマネージャーだと、若僧だと舐められている分プレッシャーもないし、足かせもないし、好き勝手やらせてもらってます

まあ、こんな話を同級生で新しい事をしだして道に迷った友達だけじゃなくて、一回りも歳上や、僕より学歴や職歴もある人たちに、色んな場面でしなければいけないので、僕も大変な訳ですよ

ついてこれん奴はおいてっちゃうよって話。

なんか感じた奴は、勝手に学びやがれ!!って話。

そしてこれが↓

大庭トレーナーのOVERな話

いや~。栄太郎の試合終わってからここ3日、色んな人の話を聞きながら酒を飲んだけど今日の酒は本当に良い酒でした

そして、今日そういった打ち合わせを行ったのは、僕の地元の先輩の(ゴン君)の店。

大庭先生も偶然にも地元が同じだと言う事は、前出しましたが・・・

今年33歳の智成君を先頭に、32歳のゴン君。そして29歳の淳二。

志を持っている人には、当然素敵な出会いが待っているものですぜ↓

no title

松原オーナー。大庭先生。今日は本当に素敵な場をありがとうございました

さ~て、今の僕の夢はYANAGIHARAジムからチャンピオンを作る事。

その為には、そういった環境を作ってやる事

その為には・・・

その為には・・・

突き詰めていけば、おのずと自分のするべき事が見えてきますよ

本当にチャンピオンを作りたいと思う人間の下に、本当に自分がチャンピオンになりたいと思っている子達が寄ってくるのも必然。

北九州から、YANAGIHARAジムからチャンピオンが出る日も、そう遠くないなと感じる今日この頃です!!

皆さんも自分のなりたいものになる為、歩を進めましょう!!!

バイなら

クリックは忘れずに→人気ブログランキングへ
ビックフェイスメール
ビックフェイスTwitter
記事検索
最新コメント
人気ブログランキングへ
プロフィール

ビックフェイス

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ